ROSALÍA - A Palé スターは影響力を何にどう使うのか

ROSALÍAの新曲「A Palé」、monobrow / unibrow (繋がった眉毛)が話題になっている。歯にはグリル(歯に装着するアクセサリー)。「A Palé」は工業用の輸送に使うパレットのこと。非スペイン語圏の人のためのリリースノートには、以下のように書いてある。"the spirit of the song centers around 'Doing it big' — our ability to be strong and carry a lot of weight."(「ビッグになること」が歌の精神の中心にある。強く大きな影響を与えることができる能力。)

Billie Eilish 「本物の、地球上で最高の人間、最も才能があり、最も美しく、人生で出会った中で最高/最強の女性、ROSALÍA。」

ROSALÍAはFrank OceanのパーティPrEP+に招待されていたり、Travis ScottのASTROWORLDへの出演も決まっている。

背後のコンテナには「TOKES」の文字。TOKESで検索してみると「大麻業界の銀行業の問題を暗号通貨の支払いによって解決するために設立されたプラットフォーム」が出てきた。「サプライチェーンの可視性と既存の「種販売」ソフトウェアとの統合のために、ブロックチェーンベースの "track and trace"ソリューションも構築する。」とあるが、これのこと?ベルトコンベアーに載せて、次々に出荷されるシーンと繋がる。麻薬の問題の1つは闇組織の資金源になっていることだから、ブロックチェーンでお金の流れを追跡できるようになれば改善することはあるかも。
Tokes Platform | Crypto Point of Sale & Supply Chain Management

Mi kawasaki va por siguirilla
私のKawasaki(バイク)が追いかける
Taggeado tu nombre en la pared
パレットに名前をタグ付けした
o El Mal Querer en Times Square
タイムズスクエアに"El Mal Querer (ROSALÍAの大ヒットアルバム)"
Driving speed limit DGT
DGT(スペインの交通省)の速度制限
O quemando rueda sin carnet
または無免許でホイールを焼く
Vas a lo suave a lo kitty cat
子猫にそっと近づく
O muerdes si tienes que morder
もしくは噛むべきときは噛む
muerdes si tienes que morder
噛むべきときは噛む
muerdes si tienes que morder
噛むべきときは噛む
ROSALÍAの名前がタグ付けされたものが世界中に出荷され広まっていくような影響力を表現した歌詞なのかなと解釈した。ROSALÍAの歌の歌詞には、ファッションブランド、車やバイク、フラメンコ歌手の固有名詞がよく出てくる。ROSALÍAは自動車産業で栄えたバルセロナ郊外の街で生まれ、トラックやコンテナを見て育った。車やバイク、運転が大好き。今回の歌詞には「Mi kawasaki (私のKawasakiのバイク)」。ネイルは千葉出身のBritney TOKYO。低音で響く音は和太鼓に聴こえるし、髪を振り回す様子は歌舞伎の「髪洗い(長い髪を振り回す)」、日本へのラブコールでは。

音楽プロデュースは、 ROSALÍAとEl Guincho (Pablo Díaz-Reixa)、Frank Dukes。10億回再生を記録した「Con Altura 」をプロデュースした最強コンビ。振り付けは今回も、MadonnaBritney Spears、2018年のKendrick LamarのGrammyでのパフォーマンスも担当したCharm La Donna。

正直な感想として、最初はイモトアヤコさんを思い出した。考えてみたら、子供の頃からテレビのコントで、繋がった眉や歯が抜けたメイク見て笑っていた。笑わそうとしてるから、笑ってあげないとダメなんだけど、眉毛が繋がった人や病気で歯が抜けた人はいるよね。その人たちは、どんな思いをしてきただろう。

 ギリシャ出身のmonobrow / unibrow のモデルSophia Hadjipanteliさんのことも知ることができた。音楽から多くのことを学び、気付きを得ている。

Copyright © 2016-2019 電子計算機舞踏音楽 All Rights Reserved.