読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Native Rapper

Native Rapper

京都在住のトラックメーカーでシンガーでもある。ラッパーという名前だが、ラップというより歌に近い印象。tofubeatsのSTAKEHOLDER、SHOPPINGMALL、CALLINあたりが好きな人は、気に入りそう。

 

Native Rapperを知ったのはこの曲、『モータープール』。SoundCloudでRelated tracksに表示され、"モータープール"(関西では駐車場を意味する)という言葉を使うということは関西人だなと思い、聴いてみることに。第一印象は、tofubeatsっぽい、パロディ?もう少し聞いてみると、カーナビ音声のサンプリングや本人以外のコーラスも入っていたり凝っているし、歌詞もいい。「モータープールに車を止めて~」が一番繰り返されるのでサビっぽいのだけど、「オドライトが君を照らして」のところもサビっぽいし、サビっぽい箇所がいくつかあるような不思議な曲。最後カーナビ音声で始まり、終わるあたりもドライブして帰ってくるイメージが浮かんで楽しい。


2016年6月に、TREKKIE TRAXからMass MakerというEPが出ている。(無料でダウンロード可)

 Water Bunker、「今日はたまたま入ってしまったwater bunker、明日はもっとやれるはずさ。」で始まる。思い通りにはいかない人生をゴルフに重ね合わせているようだったり、「夜の砂漠、朝の海を乗り越えたいブレイクビーツで」というDTMしている人に響きそうな歌詞がいい。Track Makerは、素敵なDTM提供してくれているすべてのトラックメーカーに送りたい曲。私は曲は作ったことがないが、何もないところから曲を生み出して、さらに打ち込む大変さはある程度想像ができるので、トラックメーカーには尊敬と感謝の念を常に持っているから。「PCから流れるミュージック、僕の全て奪ってしまった。」という歌詞は、青春をDTMに費やしてしまったトラックメーカーを意味するのか、DTMに心奪われたリスナーか、はたまた両方かわからないけれど、共感してしまう。Cut An Appleは、in the blue shirtの曲が1曲だけ紛れ込んだような感じ。音声をチョップしたのとか、間奏のギターとか、まさにin the blue shirtサウンド。スローな曲が多いなかで、疾走感があり、踊れる曲。

 

ライブもよさそう。作った本人が生で歌うのは聴いてみたいもの。

 パ音と違って、関西人なのに突っ込みどころがないPVはちょっと残念。いい曲だけど。



 in the blue shirtのリリパに出ていたようで、改めて行かなかったことを激しく後悔。どんどんライブしてもらえることを祈る。

DTMの曲はボーカルが入っていないものが多いし、圧倒的にボーカルは女性が多いが、男性ボーカルの曲が増えれば、女性ファンも増えるのでは。

TREKKIE TRAXは、in the blue shirtとかAMUNOAとか、女性にも聴きやすいトラックメーカーが曲を出していたりするし、パ音もMaltineよりTREKKIE TRAXからEP出せたりしてなんて、利害関係がなくて自由にものが言える私は思ったりしてる。