2017年12月 MARBLE @恵比寿BATICA

f:id:senotic:20171213174534j:plain

MALTINE SEED STAGE 03もそうだったが、12月はおかしなイベントが多い。平日とは言え、この出演者で千円て。オープンに間に合わず、19時過ぎて到着。「まだオープンしていないので、コンビニでも行ってて下さい。」と言われて、恵比寿駅まで散歩。19時半に帰ってきたら、入れてもらえた。

okadada
オープニングからokadadaさん。"いつ音"もレコードだったらしいけど、この日も。USBに入った曲選んでるのは見えないけど、レコードだと可視化されるのが面白い。レコードを選んでいる間は、音をいじれないので、シンプルになるのかなと思ったり。ジャンルはわからなかったけど、アジア、ヨーロッパ、日本、色んな国の言語の音楽と、宇宙っぽい曲が交互にゆったりと流れる感じで、世界や宇宙を旅しているかのよう。19時半頃から約2時間。知ってる曲はほとんどなくても、楽しくてあっという間だった。okadadaさんって、なんか不思議なDJだな。ただ普通に曲かけているだけなのに、できる空気。フロアが"ええ感じ"になるキラキラの魔法の粉を、目に見えない速さでシャッとまいてるんじゃないかと思う。押しつぶされたり、キャーキャー叫び声の中音楽を聴くのは苦手なので、ゆっくり音楽を楽しめるこういう場は、本当にありがたい。

seiho
新曲以外はDJだったと思う。知ってるseihoさんの曲じゃなかったことと、DJ機器もさわってるように見えたからなんだけどあってるかな。okadadaさんの流れに合わせてか、アフリカンな曲から。新曲に合わせたからか、激しい。たくさん音を乗せたり、さわるので、半分ライブみたい。21時半から30分くらいしかなかったけど、密度が濃かったので、大満足。ライブももちろん好きだけど、テクノやジャズのDJとか、色んなタイプのseihoさんのパフォーマンスが観てみたくなった。

Mr.Tiesを少し聴いたところで、1階に。かぶり具合によっては、sharkboyさんと"さのかずや"さんはどんなDJか聴いてみたかったんだけど、タイムテーブルを出してもらえなくて残念。"さのかずや"さんは、セットリスト上げて下さったので、なんとなくわかった。dj newtownかけてた方のDJを少し聴きかけたが、周りは仲良さそうな人達で混んでいて、照明も明るくて浮いてる感じがして、2階に戻る。ミラーボールとシャンデリアだけの、BATICAの暗めの照明が好きだ。周りや人目が気になりにくいし、リラックスして音楽を楽しめる。

Mr.Ties
最初、水が流れる音を使ってみたり、自分の歌声を撮ってループさせたりしてたので、何か特徴的なパフォーマンスが観れるかなと思ったのだけど、それ以外の凄さはよくわからなかった。ゆっくり、まったりした英語で盛り上げていたのがかわいかった。そこそこ踊って楽しかった。同じ曲が何回かかかり始めたので、okadadaさんとseihoさんで大満足したし、終わりを待たずに帰宅。

落ち着いた環境で、普段聴けないようなokadadaさんとseihoさんを聴けて、本当に良いイベントだった。時間が長ければたくさん観れるけれど、短くても中身が濃ければ、高い満足感が得られることを実感した。sharkboyさん、ありがとう。