アート

冨安由真展 「くりかえしみるゆめ Obsessed With Dreams」

しばらく展示行ってないな不足してる何かないかなと検索して、偶然出てきた展示。岡ともみ氏の作品に出合い、作品の中に入って鑑賞することにすっかり魅了されてしまったこともあり、美術手帖のこの記事を読んで面白そうだったので行ってみることにした。第1…

オープン・スペース 2018 イン・トランジション @ NTT ICC

今回は振動デバイスを用いた触覚体験が多めで、前回の《銃弾と弾痕のあいだ》や《エネルギーの風景》といった歴史や社会問題を含む芸術的な展示よりも、科学技術的要素が強い作品の割合が増えた印象。ウェブの作品紹介にはクレジットが細かく出ていて、多く…

距離0から拓くデザインの未来─見る/聴くから“触れる”へ @ NTT ICC

会期が短くすぐに終わってしまったのが残念だったが、触覚がテーマの体験展示が面白かった。仮想現実をよりリアルにするための触覚の利用、障害を持った方とのコミュニケーション手段など、今後汎用的に利用できる場所はたくさんありそう。時間軸でモノの形…

芸術を理解するのに知識は必要か

芸術は直感で鑑賞するものではないとか、理解できないことを恥じるべきというツイートを見てびっくりした。社領エミ氏の「落書きのような油彩画が210億円!? 高額アートのカラクリを専門家に聞いてみた」に対する一部の人の反応。前からずっと思っていたこと…

オープン・スペース 2017 未来の再創造 @ NTT ICC

実はもう5回も、こっそり足を運んでいた展示。何度でもじっくり堪能したかったので秘密にしていた。会期も残り少なく、特に才能ある方たちには体験してほしいので書く。 See by your earsevala真っ暗な無響室に一人で入り、8.1chスピーカーで立体的に録音さ…

坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME @NTT ICC

作品は撮影禁止。奥に被災したピアノ、50cm四方くらいのディスプレイとスピーカーがセットになったものが両端に5台、奥の壁面と手前にスピーカーが1セットずつ。床に大きな古いラジオが1台。照明はディスプレイの光と、被災したピアノを照らすライトのみ。床…

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル @森美術館

話題のレアンドロ・エルリッヒ展、混むことは間違いないので、会期の早めにいかねばと思いつつ、もう2月。ようやく行ってきた。平日13時、混むというほどではないが、平日の昼間の美術館にしては人が多い。15時頃からは一気に人が増え、インスタ映えする『建…

岡ともみ

東京藝術大学先端芸術表現科を首席で卒業される岡ともみ氏、生涯美術を楽しみ続けていく中で、岡氏の作品に出会えたことはとても大きい。 東京藝大卒業修了制作展に出品中の拙作《岡山市柳町1-8-19》が「買い上げ賞」を受賞しました!!!!首席卒業やでー!…

ミュージック・テクノロジーとメディア・アート ~創作と研究の交差点~

立体音響に興味があり、22.2 マルチチャンネル音響システムの体験とメディア・アートのシンポジウムに行ってみた。 22.2 マルチチャンネル音響システムによるデモンストレーションMarc Battier(マルク・バティエ)作曲:In the Painter’Studio.(オリジナル8c…

Yang Fudong (楊福東) The Coloured Sky: New Women II

前日の藝大主催のシンポジウムは、残念な内容。口直し的な感じで、表参道ヒルズへ、とある展示を見に行く。そう言えば、ルイ・ヴィトンのアートスペースがあったことを思い出し、ほんのついでに行ってみた。事前に軽く読んだ説明に、没入感が感じられるイン…

Copyright © 2016-2018 電子計算機舞踏音楽 All Rights Reserved.